メイクを工夫する

レディ

化粧品専門店を活用する

特に太っているわけではないのに、なぜか太って見られてしまうという人は、顔と体のバランスが整っていないのかもしれません。痩せていても顔が大きく、太って見える人はいるものです。世の中、小顔が可愛らしくモテると言われていることもあり、小顔になりたいという女性が増えてきています。整形をする以外、大きな顔を小さくすることはできません。それでも、工夫次第で小さく見せることはできます。例えば、化粧品を使ってみましょう。いわゆる小顔メイクをしてみるのです。エラが張っている人は、エラ部分がシュッと細く見えるように、部分的にメイクをしましょう。陰影をつけることがポイントです。顔の色よりもワンランク濃い目のファンデーションを使います。もしくはコンシーラーを使うことで陰影をつけることができるというわけです。それから、小顔に見せるためには、アイメイクに力を入れてみるというのもお勧めです。アイメイクがしっかりなされていると、パッと顔を見た時に誰もが目に視線がいくようになります。目が大きく見えるメイクをしていれば、当然、目の大きさが強調されるため、顔の輪郭が薄れるというわけです。このように、メリハリをつけるメイクを研究してみましょう。雑誌にもメイクの仕方が載っていることがあります。小顔メイクのやり方を参考にしてみることをお勧めします。自分ではよく分からず、うまくメイクができないという人は、化粧品専門店でスタッフに相談してみましょう。小顔メイクを伝授してくれます。